プロペシア・ミノタブの飲み方(時間帯)について

2019年9月10日

もっとも効果があるのは成長ホルモンがでる時間帯

プロペシアは皮膚科でも服用指導があるとおもいますが、だいたい1㎎を一日にどこかの時間で飲めばいいことになっていると思う。

薄毛をどうにかできないものかと、プロペ、ミノタブを飲み続けてきた私ですが、はじめて買ったマニュアルには効果を発揮しやすい時間帯があるのだと書かれていた。

確かにこれは信憑性があって、医学的にも成長ホルモンが分泌されやすい時間帯というのがある。

美容系の商品やサプリメントでも、「お肌に一番効果が期待できるな時間帯」などが頻りに利用されているが薬事法としては

禁止された文言であることはさておき、まんざら間違っていないのである。

ちなみに、人間の細胞や組織は睡眠をとることでリセットされているが一日の中であらゆるものが忙しく再生しようとか

生産しようとかいう時間帯というべきものがあって、その時間は深夜23時ごろ~夜中の2時ごろであると言われている。

この時間帯に睡眠をとれば通常通り、成長ホルモンや一日のダメージを受けた細胞などもよりいっそうリセットされやすく活性速度も

上がるはずだ。なので、なるべくならこの時間帯を狙って睡眠をとることが発毛治療には適していると言える。

忙しい人はなかなか難しいとは思うが、正確には23時前くらいから寝床につくほうがベストだとは思う。

マニュアルに書かれていた内容としては、睡眠は最低でも23時ごろにはとるとして、プロペシアやミノキシジルの活性を高めるには

それ以前の時間帯に飲むことがもっとも効果的だということが書かれていた。

確かに、マニュアルを実践した直後はこれを真面目に実践したおかげで、発毛速度は早かったとは思う。

ただ、こればかりは耐性が多少付いているであろう自分では実験のしようがないことなので、なんとも言えないところもあるが

勝手な時間帯に飲むよりかは、狙って飲んだに越したことはないと思う。

プロペ・ミノタブをお酒飲んだらダメ

しかし、プロペシアもミノキシジルも薬であることには違いないので、睡眠の時間は各自、事情等も多いはずだが、ついついやってしまいがちな

飲酒しながらの服用などはオススメしないし、実際に私はこれをしたことがあるが激しい動悸に見舞われたことが幾度とある。

まぁこれも実験と言ってしまえば、言い訳に過ぎないが、はっきり言って効果としても、第一に体にも絶対によくないと思う。

血中濃度とかここで言ってもと思うので、簡単に言えばミノキシジルは認可されていない薬なので言及しないとして、

あらゆる薬はお酒と飲むことによって効かなかったり、効き過ぎたりすることがあるのである。

効き過ぎるならいいではないか!と思う人もいるかもしれないが、予期せぬことがおこるケースもある。マジで死亡事故も起こりうるので避けたほうがよい。