プロペシアを飲み始めて浮腫がひどい

2019年9月10日

異物を体内に入れることのリスク

これまでは慣れてくると少し嬉しいような副作用でしたが、少しやっかいな副作用を紹介します。それはプロペシアを飲み始めて翌日、鏡を見て浮腫に気づきます。

顔のムクミをまず感じました。すべての薬は肝臓を返して血流に乗りその効き目を発揮します。薬は例え少量や子供でも飲める風邪薬であっても人体にとってはすべて”異物”です。

その結果副作用はほとんどの薬にあるわけですが、そこで多く見られるのもこのムクミという現象です。わかりやすいのは顔、手、ふくらはぎなどにプロペシアを飲み始めてムクミが起こりました。

【2019年9月・追記】

フィナステリドの副作用として浮腫はほとんどのひとが経験されているみたいです。

①フィナステリドとミノタブを飲んだ時
②フィナステリドだけを飲んだ時
③ミノタブだけを飲んだ時

ミノタブだけのときが一番むくみはありませんでした。

水分を逃さないようにする働きは血液の悪いものを薄めようとする作用でもあります。タバコを吸うとおしっこの回数が減るのはそういった理屈からだそうです。

あとホルモンにかかわる薬なのでそのあたりも関係していると思います。

いずれにせよ薬といのは異物であることには違いないです。

≫【プロペシア副作用】性欲減退、勃起不全