プロペシアを飲んで性欲の減退、勃起不全になりますか?

2019年9月10日

プロペシアはもともと前立腺肥大のお薬でした

プロペシアを飲み始めたころ、睾丸に違和感を感じたひとは私だけではないようです。もともとプロペシアという薬は前立腺肥大症という壮年期から高齢の男性に多い症状を抑制する薬として飲まれていました。
前立腺は男性にしかなく丁度尿道近くにある臓器であることからこれが肥大すると尿の出が悪くなったりする病気です。

多くは男性ホルモンが関わっていることから、プロペシアの成分フィナステリドの使用で改善されるといいます。よって男性器はまさに男性ホルモンに支配されている部位ですから発毛の目的でプロペシア服用することでホルモンに影響すれば精力が減退するはずです。

実際に私が経験したのはプロペシア服用1ヶ月目のとき軽い睾丸痛、その後は精力減退。わかりやすく言えばエロいことを考えなくなった感じはあります。もともと性欲は強かったほうなので”スケベはハゲる”というのはまんざらウソでもないのかなと思ったくらいです。

勃起不全に関しては年齢もありますが確かに勃起時の膨張率は悪くなるのではないかと思います。性欲減退は服用を停止すると戻ります。勃起力に関しては若い時ほどなくなっていますが、機能はしています。また精液の量が減ったという人がいますが私は問題なかったようです。

精子の数に関しては添付文章の報告では妊娠には影響はないとのことですが、
わかったことがあれば、追って記事にしてみたいと考えています。

≫【プロペシア副作用】吐き気、腹部痛