プロペシアを飲んでいて太った、乳が出てきた人

2019年9月10日

女性化はないにしても太った、太りやすくなった、痩せにくい

プロペシアというのは正確には男性ホルモンを抑制するものではないというひともいますが、軽減することはあると思います。なので胸が出てきたという副作用があるくらいに身体の女性化というのがあります。

私は今まで飲んでいて胸がでるようなことはありませんでした。ただ体が以前に比べ痩せにくくなった、太った、体が丸みを帯びてきたということは感じています。例えば女性が飲む薬にピルという物があります。ピルという薬は一般的に知られる避妊作用だけではなく月経不順やひどい生理痛の女性に飲まれることが多い薬です。

この薬は女性ホルモンの働きに作用しますが、このときやはり”太る”という副作用があるようです。ホルモン剤、人間のホルモンに作用するお薬は太るという副作用がある可能性はあると思います。

【2019年9月・追記】

以前にもプロペシア=フィナステリドには単に薄毛の原因となるDHTを抑制するだけではないということを書きました。フィナステリドは結果的に男性ホルモンの正常な働きも抑制していくため初期の軽い副作用のほかにも蓄積されたような副作用を起こす危険があります。

太るというのは脂肪が増えるということだと思います。実はホルモンが正常でないと人間は脂肪を蓄えようとするということが報告されています。あと女性は男性よりも体全体の脂肪のパーセンテージが高いですよね。

男性にも女性ホルモンはわずかですが存在するわけなので男性ホルモンを抑え込んでしまえば女性ホルモン優勢に一時的になるのかもしれません。そのために女性化、乳房がでたり女性のようにふくよかになりがちということは説明がつくと思います。